今年の阪神タイガースはなぜ弱い

阪神タイガースの金本知憲監督は監督に向いてないんじゃないか。超変革と言ってバッター陣はチョロチョロと新人が出てきているが今の阪神タイガースは投手陣が若手不足でピッチャーがなかなか出てこない。今日の能見の代え時の悪さや、この前の藤波の引っ張り方といい、さすが外野手出身の使い方。監督業なら広島カープの緒方監督の方が上手い。金本監督1年目と緒方監督2年目の差なのか。そんなことはないと思う。確かに緒方監督も1年目はあまり成績は良くなかったが前の年に活躍していた打撃陣が怪我や不振に陥ってしまった。打撃は水物というくらい1人が打てなくなったらなぜか打撃陣の繋がりが悪くなる。これならしかたがない。しかし金本監督に話に戻るが超変革をスローガンにしてるわりには、打撃陣はベテランに頼っている。その中の鳥谷はシーズン通しての打撃不振に陥っているのに試合に使い続けている。キャプテンだからなのか、それとも連続出場記録があるから外せないのかわからないが、金本監督自身も肩を怪我しながら試合に出場して記録を作っているので同情で使い続けないといけないなら超変革のスローガンは引き上げたほうがいいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です